豪脚一閃!

たらたらと生きてる競馬好き大学生の競馬予想ブログ

2017/12/24(日)有馬記念(G1)

予想スタイルとして前走前々走と比べて条件が好転した馬を重視しています。

今回は中山でより力発揮できそうな馬をチョイス。

 

 

ヤマカツエース

昨年4着馬。昨年の1,3着馬がいないここでは上位。東京競馬場では脚が持たずに能力発揮できないのでここ2戦は度返し。当然有馬が一番色気持っているハズ。

中山巧者で3戦2勝と昨年の4着が一回。昨年有馬はコンマ3差とさすがに上位とは差を感じる4着ではあった。しかし他の穴馬として挙げられる馬に対して実績上位は明白。(大阪杯3着など)

不安は距離だが注文通りの最内枠を引けて課題はなくなった。インをロスなく回ってこれれば勝機。

 

○サクラアンプルール

こちらも中山巧者+重い芝巧者。実績は足りないが中山では底を見せていない。中山記念ではロゴタイプリアルスティールヴィブロスとG1でも勝負になる馬たちに先着。フロック視されていたが札幌記念でも似たような条件で初重賞制覇。得意舞台でなら一線級にも劣らない実力を示した。

当然前走の天皇賞は参考外で中山替わりで一発を期待したい。距離は不安なので内枠が欲しかった。乗り方ひとつ。伏兵で大舞台で穴を開けてきた蛯名Jに期待。

 

レインボーライン

お馴染み唯一のステゴ産駒。

 前々走は重馬場巧者ぶりを発揮し猛然と追い上げて3着。

5走前の日経賞は直線包まれ脚を余す形で4着。追い出した頃には大勢が決していた。

これ以降2000m前後では5着3着6着と大崩はしていない。

中山替わりはプラス。脚質的に遅刻しやすい馬だが岩田Jの乗り方ひとつ。

 

△スワーヴリチャード

前走メンバーレベル疑問も好時計&好ラップで完勝。

緩みのないラップをラスト5F11.8-11.8-11.9-11.6-12.1で押し切っており東京でなら古馬とも十分にやれる能力を示した。

問題は不得手とされている右回りだが、追い切りを見ている限り手前はスムーズに替えれているようなので問題ないとみる。

 それでも初古馬G1で人気とあらば押さえまで。人気馬の中では買いたい部類。

 

キタサンブラック

説明の必要がない絶対王者

前走JCでは昨年のJCより1000m通過が1.5秒早いハイ逃げで息が入らなかったところをシュヴァルグランに差された。天皇賞の疲れの残る中負けて強しの内容。

しかしこの馬の叩き3戦目の成績は(0.1.2.1)と常に取りこぼしている。さらにグランプリレースに弱く有馬記念は3着2着。宝塚記念は3着9着。

条件的にはJC→有馬記念はマイナスで馬群に飲み込まれてしまってもなんら驚かない。調教、陣営のトーンもイマイチでわざわざ人気で買う必要はないだろう。

 

×シュヴァルグラン

前走メイチは明らか。グランプリでも入着経験すらなく条件は厳しい。

ボウマンJに乗り替わって馬が替わった可能性、近走見せている先行策は面白いと思うので買っても抑えまで。