豪脚一閃!

たらたらと生きてる競馬好き大学生の競馬予想ブログ

2017/12/10(日)阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)・カペラS(G3)・平地レース

中山1R

◎コウギョウブライト

前走リョーノテソーロ前受け+中山替わり+スウェプト短縮

前走東京D1400

12.7-11.2-11.6-12.4-12.5-12.3-12.8と優秀なラップをインの3番手で運んだ。勝馬には1秒離されたが追い出しを待たされる不利もあった。

早熟短距離ダート血統で中山短縮替わりもプラス。

 

ザイオン

同じくリョーノテソーロ組

前走は東京替わりで印を下げたので中山戻りで再び上げ。パイロ短縮。

 

△1.3.5.14

 

中山2R

◎ハタノレジーナ

アイルハヴアナザーの中山D1800替わり◎

初戦はどスローでしたが先行できたのは収穫。手替わりも魅力。

相手は2走前のハイラップ先行が優秀のフレッシビレで仕方ない。

単で買うなら田辺。1-4は鉄板。

 

中山3R

馬格あるルーラーの延長。しかもノーザンシルクシュミノー。◎サラーブで仕方ないか。

初戦は枠なりで外々回って強い競馬。内を回って2着のマイネルファンロンも勝ち上がって葉牡丹賞3着。相手も強かった。

 

相手で面白いのは同じくルーラーシップ産駒の○トモジャタイクーン。こちらも馬格あるルーラーで叩き3戦目で上積み見込める。

経験してきた2戦も高レベルで末脚は安定していた。

 

東京マイルでスローから差し込んできた末脚安定の☆クスリバコ延長。飛びつきたいが、ローエングリンの中山芝成績はロゴタイプを除いたら壊滅的なので静観。

 

中山5R

好調教8.9

 

中山6R

好調教6.9.12

 

中山11R

本命は決めかねているので気になる馬を内から。

キタサンサジン

中山得意。好枠引けて57kgも問題なく。人気落ちすぎで前止まらないなら抑え。

 

ニットウスバル

先行勢そろったここなら堅実な末脚生きる。吉田豊さんのままなら迷わず本命だった。

コワタクに替わってこの枠から上手く捌ければ間違いなく上位争い。

 

ショコラブラン

中山得意。登坂得意。こちらも人気落ちすぎの印象。

ダート短距離好位差しタイプで展開も向く。

 

ノボバカラ

昨年覇者。

アドマイヤオーラ産駒は当コース複勝率55%とニックス。

一年ぶりの中山凱旋で一発あっても驚けない。

 

ブルドッグボス

小久保最強。ご存じ元中央OP馬。浦和転出後に一皮剥けた印象。中山も得意コースで好枠も引けて引き続き上位争い。

 

コーリンベリー

昨年3着。昨年よりメンバーレベル上がった印象で果たして。

 

ドラゴンゲート

中山そこそこ得意で魅力的な鞍上。

2走前は前が止まらない馬場に恵まれた感。先行馬も揃った。初重賞挑戦でどこまで。

 

ナンチンノン

一番の爆穴候補はこれ。持ち時計だけなら足りる。

スンナリ先行で前が止まらないなら残り目も。

 

キクノストーム

カペラS(2.1.1.2)のノリちゃんが乗る馬。一昨年のカペラS勝馬

近走も末脚は健在で展開向けば一発。

 

サイタスリーレッド

前走は仕上げ不足+田んぼ馬場が堪えたか。良馬場替わりでまだ見限れない馬。

外目の枠を引けたので先行勢を見ながら競馬しやすそう。

JBC除外でここ照準なら一気に戴冠まで。

 

ブルミラコロ

ダート1200を使って本格化?秋山が阪神に行かずにこっちに乗っているのも好感。

外目の偶数番とこれ以上ない枠を引けたので中山の坂さえ攻略できれば。

 

スノードラゴン

9歳馬だが17年スプリンターズステークス4着と展開さえ向けばまだまだやれる馬。

久々の中山D1200で展開向きそうな今回は狙う手あり。

 

 

中京2R

ヒル

藤田菜×ダート×逃げ馬×左回り◎

エージェントが戸崎と同じ人になって回ってきた感プンプンの吉田名義の馬。

調教も順当に良化。

前走ダート替わり先行で変わり身見せて引き続き。

 

○ヤマイチジャスティ

大正義外枠エンパイアメーカー。勝春リターン。

東京では現級勝った馬で中京でも問題ないはず。

 

☆キスミーワンス

高レベル戦と名高い寺泊特別組。それだけ。距離は短い印象だけど決め手に欠けるネオユニ産駒だしダート替わりいいんじゃないですか(投げやり)

 

 阪神3R

◎インヴィジブルワン

前走はあり得ない位置からぶっ差してきて脚余して2着。

鞍上超絶強化で阪神外回りで必勝態勢。

シーリアが人気吸ってくれれば単でもおいしいのだが・・・

ヒモで面白いのは前走大外ぶん回したウスベニノキミ&メイショウハニー。馬場バイアス的には微妙。

 

阪神5R

◎シエラ 

好調教。PO馬なので何卒。

相手も好調教馬多く差はないかも。

 

阪神6R

好調教1.3.4.7.8.12.14.15.16

 

阪神11R 阪神JF

◎ロックディスタウン

牡馬を一蹴した実績を尊重。

新潟の上りの競馬と札幌の力のいるマクリの競馬。どちらもこなした点を高く評価。

戦ってきた相手も文句なしで中距離デビューの点もスケールの大きさを窺える。

競馬センス高く柔軟に対応できるなら大外枠も問題ないだろう。

 

○リリーノーブル

こちらも競馬センス高い一頭。余裕の二連勝でまだ底を見せていない。

白菊賞はノーステッキで流しながらラスト2F11.6-11.5の加速ラップを記録。

中一週のローテがカギだが前走全く追っていないし、調教も動いているので順当に上位争いしてくるはず。

 

▲ラテュロス

基本的に単穴までは社台ノーザンから選びたかったので人気落ち激しいここから。

アルテミスS3着。内内を好位で立ち回って最後までしぶとく伸びたが3着まで。

土曜の阪神芝バイアス的に外伸びではないので、枠なりにインでサヤカチャンの後ろをセコく回って捌ければチャンスはあるはず。

 

△トーセンブレス

新馬戦で見せた豪脚はアルテミスSで不発で人気落ち。

見どころの無いレースだったが右回り+坂+ヨシトミ先生手戻りなら狙い目アリ。

 

 

△1.4.11.12.16

 

ラッキーライラックアルテミスS新馬上がりで勝った初の馬。この馬がめちゃくちゃ強い可能性もあるが、レースレベル自体が低かった可能性もある。ここは後者に賭けてみる。

それならラテュロスやトーセンブレスを積極的に買うのはとんでもない矛盾が発生しているのだが。笑

ロックディスタウンを信頼している以上馬券的にやむなし。

ソシアルクラブはここ負けても将来に何ら影響ない素質馬だと思うので程よく負けてほしいです。

 

 

 

2017/12/03(日)チャンピオンズカップ(G1)

 

コパノリッキーサウンドトゥルーケイティブレイブアポロケンタッキーなど常連のJBC組、重賞初制覇で勢い付くニュースター候補テイエムジンソク、フェブラリーSを制し実績十分なゴールドドリーム、フェブラリーS1番人気3着&昨年チャンピオンズカップ4着と戴冠まであと一歩の我らがカフジテイク。

このあたりが中心ながら、明確な逃げ馬がおらず展開不透明、ここまでのステップも多様化しており力関係の把握も難しく難解な一戦。

 

ここでは各馬の短評を書いておきます。

1.コパノリッキー

前走JBCスプリント2着。

1200mに短縮。多少出負けするが二の足の速さで中団につけ(外枠も味方した。)直線でも難なく外に出せた。これは鞍上の好判断好騎乗の賜物だろう。

7歳馬にして未だ非凡なスピード能力を備えている馬だが、テンが遅く二の足で上がっていくタイプのため最内枠は諸刃の剣。

好走パターンは地方交流重賞の実質小頭数競馬で揉まれずにスピードを活かせた場合。

中央G1では14年のフェブラリーSを制しているが、これは人気薄でマークも無く7枠13番からスムーズな競馬ができた。

そもそもこれまでマイル~中距離でG1を10度も勝ってきた馬が前走でスプリントを使ったことにも疑問符が付く。ローテに本気度が窺えず馬も苦しく感じるだろう。

 

3Fの距離延長+揉まれ弱いゴールドアリュール産駒+最内枠と苦しい材料が多い。

 

2.ケイティブレイブ

4歳馬ながら外厩にも入らず既に23戦を消化しているタフネスな馬。

元は逃げ先行一手の馬だったが3走前の帝王賞を境に脚質に自在性が出てきた。

スピードよりもパワー系の馬で中京1800のレース傾向にも合っている。

中央G1経験は2017フェブラリーSの6着のみ(コンマ5差)。

向かないだろう東京でこれだけ走れるなら中京替わりでタフなレースになるなら通用の目もある。

アドマイヤマックス産駒は短距離向きだがこの馬に関しては例外だろう。

ただこの枠で控えたり包まれると一気に沈む可能性。内枠はプラスとは言いにくくあくまで本番は東京大賞典

 

3.ミツバ

前走JBCクラシック7番人気3着と奮闘。

この馬は小頭数で力を発揮するタイプで前走は実質小頭数の地方交流重賞が向いた。しかも前残り。

中央ダート重賞ではG3ですら馬券に絡めておらず、ここでは荷が重いだろう。

 

4.ノンコノユメ

前走武蔵野Sを58キロで4着。カフジテイクに先着している。復調気配が窺える。

4角10番手からよく伸びており、前が止まらない馬場でなければ通用してもおかしくないだろう。

鞍上2戦目+距離延長+好枠とプラス材料多いが、去勢後は馬券に絡めていないのも事実。人気が無ければヒモ程度が妥当だろう。

 

5.メイショウスミトモ

前走はハンデ戦のG3をハマった感のある差しきり。

ズブズブの持久力戦でなら一発あるかもしれないが見送り妥当。

 

6.モルトベーネ

前走みやこS4着。内枠で乗り難しく仕上がっていなかったが物足りない内容。

2017年東海S2着はあるものの実績は右回りに偏っているのがこの馬の特徴。

デムーロモルトベーネがいるのに阪神で乗っているのもそういうことだろう。

 

7.ロンドンタウン

前走韓国でのレースでクリソライトに先着。

休み明け走らず叩いてからがベターな馬。海外帰りもマイナス。

実績も小回り右回りが中心。前々走エルムSをレコード勝ちしているが、この日の馬場はかなり脚抜きが良い高速馬場だった。特殊条件でタイムは評価しづらくここには繋がらないだろう。

 

8.グレンツェント

17年東海Sを勝った際はこのままG1まで勝てるかもと思った馬だが、斤量を背負うようになると鳴りを潜めている。

前走JBCクラシックも力負け感が強く、得意の中京替わりでどこまで化けれるかだろう。

定量戦で対古馬への活路を見いだせてなく見送り妥当か。

 

 

9.ゴールドドリーム

前走盛岡のMCS南部杯は大出遅れをかまし終戦。ダートスタートが苦手な馬で東京マイル専用機と呼んでいいだろう。

馬券になるとしたら行く馬がおらず揉まれずに1列目で運べればだろう。

鞍上ムーアで気配は感じるが、本来ならデムーロが乗る馬。大人しくフェブラリー中外枠で買いましょう。

 

 

10.キングズガード

前走みやこS3着。3F延長ローテ。

左回りだとモタれるため右回り向きだが、3走前プロキオンSは器用な競馬で強かった。

ベストは1400mだが距離の融通は利くタイプ。馬群の中に入れても怯まないのが強みで捌ければ一発あっても驚けない。

中京競馬場自体は(1.1.2.0)と得意の舞台で流れに乗っていければ狙いたい一頭。

 

 

11.アウォーディー

昨年同レース2着馬。

昨年の6連勝以降は勝ち星が遠のいており全盛期は過ぎた印象の7歳馬。

先行勢少なく外目の枠からすんなり好位を取れそうで展開利は見込める。しかし知られている通り直線先頭に立つとソラを使う悪癖があり、頭までとなると疑問。

7歳馬で上積み乏しいだろうし、去年以上の走りを求めるのは酷か。去年2着馬に敬意を表して買っても抑えまでが妥当。

 

12.カフジテイク

昨年同レース4着。中京でのチャンピオンズカップでは昨年惜敗した馬が翌年着順を挙げて優勝する例が多発している(サウンドトゥルー3着→1着、サンビスタ4着→1着)。

前走武蔵野Sは前が止まらない中を上り最速で差し込み5着。芝スタートがダメな馬だがこのレースでは好発。しかし下げてしまった。

今回中京1800のダートスタート替わりはプラス。

福永→ルメール鞍上強化もプラス。

近走はゲートも五分に出るようになっていて、ルメール騎手なら最後方ではなく中団につける競馬にも期待できるのではないか。(それで末が無くなる恐れはあるが一度は試してほしい)

贅沢を言うと内枠が欲しかった。集中力があるタイプで砂を被っても全く苦にしない。いかに道中で脚を溜められるかで変わってくるだろう。

雄大な馬体をしており福永騎手も仰っていた通り距離延長は問題ない。

 

f:id:cafflmp228:20171202215407j:plain

写真は2017武蔵野Sのカフジテイク。

 

 

 

13.テイエムジンシク

古川騎手に乗り替わってから一気の本格化でついに重賞制覇。

初G1挑戦で鮮度もあり、脚質含めこのレースで最大の惑星だろう。

しかし小回り右1700m→大箱1800m替わりのローテ、未経験の左回りと難癖はいくらでも付けれる馬。

外から被されないこの枠はいいが距離感も微妙。

 

さらにクロフネ産駒の中央ダート全重賞成績は

勝率2.7%複勝率13.7%単回値22複回値55

と散々。

 

さらにG1に限ると(0.0.0.5)と一度も馬券になっていない。

もちろんこの馬自身は重賞で2度とも馬券になっているし、気にする必要もないかもしれないが、妙味が無いのも確か。

来られたらしょうがないと割り切って切るのも手か。

 

14.サウンドトゥルー

昨年同レース優勝馬。展開が向いたのは間違いなく、進路がうまく開いたのも印象的だった。

この馬も7歳だが前走JBCクラシックを制したり衰えた印象はない。

他の差し馬同様展開待ちなのは仕方ないが、昨年と同じローテでハマれば連覇までありそう。人気でも嫌いにくい。

 

15.アポロケンタッキー

かなりのムラ馬。昨年同レース5着(コンマ4差)とそこまで負けていない。

ゴリゴリのパワータイプなだけに中京1800は間違いなく合うが、この枠では距離感も難しい。うまく好位につけられれば昨年以上の結果もあるかも。

しかしあくまでメイチは東京大賞典という読み。

 

16.ローズプリンスダム

3歳で対古馬G1は厳しいだろう。

大外枠もマイナス。

 

 

◎12カフジテイク

○14サウンドトゥルー

▲02ケイティブレイブ

△04.10.11.13

 

先行手薄で流れも昨年より緩みそうだが、純粋に先行勢と差し勢の強さを比較した際に差し勢の方が強そうだったので差し馬中心の印。

 

カフジテイクは鞍上強化、ダートスタート替わり、昨年4着と適正は示しているので本命。意外とフェブラリーより向いてる可能性、あると思います。

サウンドトゥルーは何を隠そう昨年優勝馬。カフジテイクが来る流れなら一番のライバルはもちろんサウンドトゥルー

ケイティブレイブは減点材料の少なさ、4歳で着実に成長しているのがわかる近走を評価。ロスなく立ち回るのが必須だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/04/09(日)のお馬さん(桜花賞)

 

 

阪神11R 桜花賞

★⑭ソウルスターリング ルメール

★⑮アドマイヤミヤビ デムーロ

 

◎⑥リスグラシュー 武豊

○⑫アエロリット 横山典

△⑯ミスパンテール 四位

×⑧カラクレナイ 田辺

×①ミスエルテ 川田

×⑨ゴールドケープ 丸山

 

★が強いのは承知の通り。ソウルスターリングを買うなら着順固定してその他の2頭を探す作業にするしかない。

切る材料は馬場コンディションくらいしかないが馬券は他から。

アドマイヤミヤビももちろん強いがマイルは短い印象で、遅刻は普通にあると思う(切るほどではない)

 

リスグラシュー 

前走は案外だったが脚を計っていた説を信じてみる。

3枠6番と程よい枠に入ったので競馬もしやすいのではないか。

馬体重も増えて仕上げは抜群。データでもチューリップ賞組は好成績を残している。

前走で見限られた感があるが逆にオッズが美味しいここを狙いたい。

大物喰いのハーツクライ産駒、ここで爆発するか。

 

 

○アエロリット

ここ3戦3連続2着と堅実派。戦ってきた相手もライジングリーズン、アドマイヤミヤビ、レーヌミノルフローレスマジックと骨っぽい相手で評価できる。

初輸送が懸念材料なので対抗止まり。

 

△ミスパンテール 

チューリップ賞での最速上りは評価できる。

デビューしてから2戦2勝と底を見せていないのも魅力。未知の魅力に懸ける。

道悪に強いダイワメジャー産駒という点も魅力。

案外の可能性もあるが突き抜ける姿も想像できる。

 

 

 ×カラクレナイ

基本フィリーズR組は切りたいが買うならこの馬。

前走ゴール前は余裕があり1Fの延長なら対応できるのでは。

 

×ミスエルテ

気性難が課題で最内枠と難しい競馬になりそうだが、前に馬を置いて内で足を溜められれば一発あるかも。てか馬券になるならこれしかないはず。

千二千四の馬という認識だが朝日杯4着は評価しているので牝馬限定戦替わりなら。

 

 

×ゴールドケープ

道悪ならこの馬も。

重馬場の白菊賞(京都芝千六)で上がり最速で勝ち鞍あり。

 

 

 あとは当日の馬場、パドック、馬体重を見てから。

 

 

2017/04/08(土)のお馬さん(NZT、阪神牝馬S)

 

中山11R ニュージーランドトロフィー

 

◎⑮タイムトリップ 田辺

○⑯ボンセルヴィーソ 松山

▲⑫スズカメジャー 岩田

 △⑥ジョーストリクトリ シュタルケ

△⑦スズカゼ 吉田隼人

 

◎タイムトリップ

前々走ジュニアC(中山芝千六)で①ナイトバナレットにクビ+クビの3着。

当時は斤量差が1キロあったが今回は同斤。こちらを上に取る。

中山コースとも相性良し。

巧い競馬が持ち味でポジションも拘らないため自在に立ち回れそうな外枠もOK

田辺替わり。

 

○⑯ボンセルヴィーソ

G1で3着など安定感が持ち味。この中では実力最上位。

番手でも競馬はできるが外枠は懸念。

 

▲⑫スズカメジャー

競争中止を除けば2戦2勝と底を見せていない。

ボンセルヴィーソが外枠でスローになれば届いてもいい。

 

 

△⑥ジョーストリクトリ

中山芝マイルは黙ってシュタルケ

 

△⑦スズカゼ

中山マイル(1.0.1.0)、アネモネS3着、先行脚質を評価。

 

 

ナイトバナレット中谷は内枠で詰まる未来しか見えない。中谷が降りたら買う。

ランガディア、クライムメジャーは強いが今の中山だと届かなさそう。東京替わりを待つ。

共同通信杯組のタイセイスターリーは切り。しかし重馬場は向きそう。

 

 

 

阪神11R 阪神牝馬S

 

◎⑯アドマイヤリード ルメール

○⑥ミッキークイーン 浜中

▲⑧ジュールポレール 幸

△③クイーンズリング デムーロ

△④クロコスミア 松若

 

 

◎⑯アドマイヤリード

成長著しいアドマイヤリード、ジュールポレールを中心に買いたい。

混合戦を勝ったアドマイヤリードを評価。重馬場も問題なし。

 

○⑥ミッキークイーン

昨年2着馬。実績最上位で休み明けも走る。

 

 

▲⑧ジュールポレール

◎同様上り馬で、スローの阪神でも32秒の脚があり昇級でも通用しそう。

重めの馬場ではどうか。

 

△③クイーンズリング

重賞実績は抜群だがマイルでは結果が出ていない。

海外帰りもマイナス。

 

△④クロコスミア

重馬場なら押さえておきたいステゴ産駒クロコスミア。

ローズSの走りができれば一気に上位へ。

 

 

 

 

 

 

 

2017/03/25(土)のお馬さん

 

 

土曜の軸馬予想

klan.jp

 

 

 

先週の中山は言い訳できないほどの完敗だったので今週は頑張りたい。笑顔でドバイのカフジテイクを応援したい(馬券買わせてくれ頼む。)

 

 

中山2R

◎⑭ロックアードゴージ 松岡

外枠、クロフネのダート替わり。

 札幌芝1200ハイペースで先行でき、追走能力は問題なさそう。

直線向くところで不利を受けたため度外視可能。

 

 

中山3R

◎⑨クインズゴールド 吉田豊

イストワールファム組。

中枠でうまく立ち回れば。

 

 

中山4R

◎パイルーチェ 津村

内枠替わりで。

内に経験馬が少なくスムーズに出て先手を取りたい。

 

 

 中山5R

◎②サノサマー M.デムーロ

 ☆⑥トラネコ 石橋

小回りは向かないと思っていたが、強い競馬で中山への適正を示した◎の前走を評価。

ここではぶっこ抜く。

 

☆の前走は天才を背に強い逃げきり勝ち。

 行きたい馬もおらずバシシューが腹括れれば。

 

 

中山6R

◎⑨オレオールカフェ 田辺

前走同条件で最内から逃げ粘って4着。

見せ場たっぷりで衝撃を受けた。。。もう少し追いたい。

 

競馬しやすい枠に入ったことで前走先着を許した②イザに逆転も可能と見る。

 

 

 

 中山7R

◎①サクレディーヴァ 横山典

☆⑥ゴールデンティアラ 岩田

低調なメンバー構成なので条件替わりを狙っていきたい。

クロフネのダート替わりの◎。

勝ち上がりはダートで適正は証明済み。

園田上りの☆。

パドック要チェック。

 

 

中山10R

◎⑧ヒカリブランデー 北村宏

 ○⑤ヒカリマサムネ 江田照

△①スティンライクビー 勝浦

△⑭ブラインドサイド 吉田隼

△⑨アトランタ 武士沢

△③ドラゴンゲート 田辺

×④クワドループル 蛯名

 

アトランタは型に嵌ればかなり強いが定量戦でどうか。

 ハンデ戦を使ってきた馬が多く比較が難しい。

それなら昇級だが相手なりに走れる◎を。

ブラッドストーンS組を積極的に買いたい。

 

 

 中山11R

◎⑫ゴールドアクター 吉田隼

○⑩アドマイヤデウス 岩田

▲⑥ディーマジェスティ 蛯名

☆⑤ナスノセイカン 横山典

△⑨レインボーライン M.デムーロ

△⑬シャケトラ 田辺

×⑦マイネルサージュ 柴田大

×⑧ジュンヴァルカン 内田博

 

 

 

GⅡ番長のアドマイヤデウス、中山替わりのディーマジェスティ、成長著しいナスノセイカンが本線。

ナスノセイカンは重賞でも目途が立ってきておりこの人気の内に仕留めておきたい。

サウスポーで距離も長い印象だがノリさん乗り替わりで勝負気配。

 

ステゴ産駒、デムーロ、距離や展開への対応力の高さが怖いレインボーラインだが既に妙味がないので考えどころ。抑えまで。

 

シャケトラは別定でどうか。阪神内回りで走ってるしあっさり来てしまいそう。

 

 

 

2017/03/04(土)のお馬さん

 

 

土曜の軸馬予想

 

klan.jp

 

 

中山1R

◎①エナホープ 勝浦

持ち時計優秀。内内でロスなく回って前残り。

 

 

中山2R

◎⑭アワードウイナー 津村

フォギーナイト組(ものは言いよう)。

短縮先行外枠で。

 

 

中山3R

◎⑮マサキノテソーロ 大野

☆⑬マイネルヘミニス 戸崎

◎は前走は+12で初めて逃げて5着。競馬センスはあるので絞れれば。

☆珍しいマイネル×戸崎。勝負気配か。

 

 

中山5R

◎④ブルースカイハーツ 松岡

ブルーはブルーでもお前かい!パターン。

 

 

中山6R

◎⑤アイアムノーブル 大野

小回り適正重視。人気薄の昇級で狙う。

戸崎がこちらでなくショウブニデルに乗ってるのが気になる…。

 

 

中山7R

◎①オレオールカフェ 田辺

中山巧者。枠は最悪だが中山の鬼がなんとかしてくれる。

 

 

中山8R

◎⑭アルセナーレ 横山典

 同舞台のチバテレ杯でハナ差2着。昇級馬が多いここではチャンスか。

 

 

中山9R

◎⑤マイネルエパティカ 松岡

唯一の逃げ馬。②⑧は強いだろうが展開を味方に粘ってほしい。

 

 

中山10R

◎③スモークフリー 横山典

○①ゲッカコウ 松岡

 

◎はかなり切れる脚を持っており決め手勝負になれば昇級でも。

個人的に好きな馬でもある。 

 

○は前走直線で馬群に突っ込み、追い出しが遅れながらも上がり2位で4着。今回も内枠だがスムーズなら。

 

 

 中山11R

◎⑩スノードラゴン 大野

○⑪コスモドーム 松岡

◎は実績はナンバーワン。年齢は気になるがこの相手なら買い時に映る。

○は前走カーバンクルSでナックビーナスの0.1の2着。

ナックビーナスが内を回ってきたのに対し、コスモドームは外々を回っており内容は濃い。人気もしてないしここから入りたい。

 

 

中山12R

◎⑪ワンボーイ 田中勝

行きたい馬がおらずスローの決め手勝負になると予想。

そうなると前走鋭く差してきたこの馬。

初の6Fだったが適正も高そう。

 

 

 

2017/02/18(土)のお馬さん

 

久しぶりのブログになってしまいました。レース直前にTwitterに予想を投げつけるのが楽すぎて疎かになってしまいました(+_+)

 

楽しみな楽しみな愛馬カフジテイクのフェブラリーSを翌日に控え、土曜でいい弾みをつけたいとこです。

 

土曜の軸馬予想

klan.jp

 

 

 

 東京1R

◎⑫ロマンスマジック 嘉藤

○⑤コロニアルスタイル 津村

 

やや低調なメンバーなので新馬上がり組から。

◎は先行馬が多くハイペースの中から先行しクビ差2着。

今回は先行馬が少なく楽に行けそう。

ちなみに今話題の(?)プリサイスエンド産駒。応援しよう。

 

○は前走上り最速。短縮で。

8枠2頭も面白いが大外で割引。

 

東京3R

◎⑫リパーカッション 内田博

○⑦ゲンパチマサムネ 柴山

▲⑭サンチェサピーク 四位

 

芝経験がありダートでも走っている◎○をチョイス。

外枠先行で持ち時計も差がない▲は強敵。

 

 

東京5R

 ◎④パルフェクォーツ ムーア

○⑤ウィードスピリット 蛯名

☆②サクラセンティーレ フォーリー

☆⑥ミッキークルソラ 菊沢

 

 ここは相手探し。

○は確実に伸びる脚はあるので枠なりに回ってくれれば。出遅れ癖があるので延長も歓迎。

内枠先行の☆が絡んでくれ(願望)

 

 

東京6R

◎⑤アポロノホウリン 勝浦

 

園田上がり。前走は出遅れ大外回りながら4着。よく追い込んだ。時計も悪くなく出さえすれば足りるはず。ポンテファブリチオにも先着。

 

 東京7R

◎③クワトロガッツ 田中勝

内枠延長。休み明け1102と悪くない。上がりが掛かる東京最終週向き。

もう旨みがなさそうなのが…

 

東京8R

◎⑬カフェブリッツ 川田

○⑥アバオアクー ムーア

 

先行なら◎。行きたい馬もいないようなので単騎してどうぞ。

東京2000m以上では外せない○。ムーアいらねぇ…

狙いたい馬もいないしそもそも東京ダ2400は買ってはいけない(戒め)

 

東京9R

◎②バリングラ ムーア

○①ニシノアモーレ 北村宏

 

内枠先行の◎。新馬勝ちした東京替わりもプラス。

広い左回りの東京替わりで見直したい○。叩き2戦目で上積みも見込める。

内で無駄なく直線まで行ければ。 

 

 

東京10R

◎⑤マイネルトゥラン 津村

○①レッドサバス 戸崎

▲⑭グランセブルス 吉田豊

 

◎は近4走は先行しながら上りも優秀。先行馬が少なく展開向きそう。

2走前が優秀だった○。

2走前は不利がなければ馬券内もあった▲。ウインユニファイドがやれるならこっちも。

 

 

東京11R

◎⑫アルバート ムーア

○①ファタモルガーナ 蛯名

▲⑪プレストウィック 戸崎

☆④ラブラドライト 酒井

 

ステイヤーズS組の◎○▲。

軽斤が魅力の☆。

買うなら二頭軸で遊ぶしか。

 

 

京都8R

◎②アドマイヤロマン 岩田

○⑬ティーエスクライ 和田

 

低調なメンツ。

鞍ヶ池特別で勝ち馬と差がない競馬をした2頭。

重い馬場や札幌の洋芝を苦にしない◎を評価。